【野球技術向上】効果が期待できる走り込みのメニューとは?効果を上げる注意点も解説

野球は、瞬発力や持久力、そして筋力のバランスが求められるスポーツのため、体力と基礎体力の向上が大切です。しかし、基礎体力を養う手段として走り込みを取り入れているチームも多いですが、実際には走り込みの必要性やその効果については賛否両論あります。

そこでこの記事では、野球の技術を向上するために効果が期待できる走りこみメニューについて詳しく解説します。また、効果を上げる注意点についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

目次

野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめ

野球はランナーがホームに帰還することで得点となります。そのため、ランナーの動きが得点に直結していると言っても過言ではありません。ただ、走塁といってもどのような指導が正しいのかわかっていない指導者も多いです。

そこで、野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめです。走研究所は、日本初の野球選手の走りに特化した専門会社です。走研究所では、個人指導、チーム指導どちらにも対応していて、ここまでの指導実績は90チーム以上、延べ指導数2000人超えです。

走研究所の走り方指導の特徴は以下のとおりです。

  • 野球の走りに特化した指導メニュー
  • 打つ・投げる・守るにも応用できる走りを学べる
  • 受講後も継続してアドバイスを受けられる
  • 「走り」について前向きに考えるきっかけになる
  • 努力の方向性や考え方を学んで今後のスポーツ人生に活かせる

走研究所の走り方指導で、今後の野球のパフォーマンスが上がるだけでなく、今後のスポーツ人生にも大きな恩恵をもたらすでしょう。走研究所の走り方指導が気になるという方は、ぜひ走研究所公式HPをご覧ください。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

野球に走り込みは必要なのか

最近の野球のトレーニング理論では、走り込みは必要という方もいれば必要ないと断言する方もいます。それでは、野球に走り込みは必要なのでしょうか。

結論から言うと、野球技術の向上やフィジカルの強化において、長距離の走り込みは不要であるとされています。これは、長距離の走り込みが下半身の筋力を低下させる可能性があるためです。野球は、短い距離を爆発的に速く走る能力や、瞬間的に力を発揮する能力が重要です。

そのため、短距離ダッシュやスプリントのような訓練が、野球選手にはより適しているのです。特に重要なのが、「自分にとって走り込みがどのような意味を持つのか」を理解し、自分に適した走り込みをすることです。

たとえば、持久力の向上が必要なピッチャーであれば、適度な長距離走が役立つこともあります。自分の体と目標に合わせて、最適なトレーニング方法を選択することが大切です。

野球の走り込みについてさらに詳しく知りたいという方は、以下記事もあわせてご覧ください。

あわせて読みたい
【野球の走り専門家が解説】野球の走り込みは無駄?重要性やメリット・デメリットを解説 野球界で尽きない、走り込みについての議論 多くの方が、根拠なく残る走り込みに疑問を抱き、苦しい思いをしてきました。 『イヤイヤ走る』 この中での走り込みはかなり...

野球の練習で走り込みをするメリット・デメリット

ここでは、野球の練習で走り込みをするメリット・デメリットについてそれぞれ解説します。

野球の練習で走り込みをするメリット

野球の練習で走り込みをするメリットは以下のとおりです。

  • 心肺機能が高くなる
  • 精神力を鍛えることができる
  • 基礎代謝を高めることができる
  • 体重を落とすことができる
  • 体幹と四肢の連動が上手くなる

走り込みは、心肺機能の向上や精神力の鍛錬、基礎代謝の向上、体重管理、そして体幹と四肢の連動性向上などのメリットがあります。特にピッチャーにとっては、繰り返しの動作精度を保つために心肺機能の強化が欠かせません。

また、ランニングによるセロトニンの分泌は、精神的な充実感と達成感をもたらし、精神的な強さを培います。さらに、ランニングは多くの酸素を取り込んでエネルギーを消費する有酸素運動です。そのため体脂肪の燃焼を促し、体重管理にも役立ちます。

このように走る動作は、野球の技術向上に直接貢献するピッチングやバッティングなどのスキルの基礎を築くためにも有効です。

野球の練習で走り込みをするデメリット

続いて、野球の練習で走り込みをするデメリットについてみていきましょう。デメリットは以下のとおりです。

  • 下半身の能力が低下する
  • 疲労が溜まる
  • 瞬発力が落ちてしまう

走り込みは、下半身の能力低下や疲労の蓄積、そして瞬発力が低下するというデメリットがあります。

ある研究では、持久力を重視したトレーニングとスプリントトレーニングを一定期間行った結果、持久力を重視したトレーニングを行った選手は下半身のパワーが低下したあったのに対し、スプリントトレーニングを行った選手は下半身の力が向上しました。

つまり、長距離の走り込みが下半身の力を弱めることが判明したのです。さらに、過度な走り込みは体に疲労を蓄積させ、集中力の低下やケガのリスクを高めます。また、技術習得の効率が落ちるだけでなく、野球選手にとって重要な瞬発力が落ちてしまうことも、長距離走り込みのデメリットとして挙げられます。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

野球の練習におすすめの走り込みメニュー

走り込みには、さまざまなメリットやデメリットがありますが、どのような走りこみをすれば良いのでしょうか。ここでは、野球の練習におすすめの走り込みメニューを4つ解説します。

ポール間走

ポール間走りは、グラウンドのライトとレフト間を利用した走り込みです。ポールからポールまで走るため、PP(ピーピー)と呼ばれることもあります。

このメニューは、同じ区間を繰り返し走ることで持久力とスピードを同時に鍛えることができます。野球はスプリントや急な動きが多いスポーツです。このトレーニングを行うことで、試合中のスプリントや瞬発力を高めることができるでしょう。

短距離ダッシュ

10〜30Mタイム切りや200メートル走などの短距離ダッシュは、爆発的なスピードと加速力を養うことが可能です。スタートの瞬間から全力で走り抜けることで筋肉の反応速度と力強さが高まります。

その結果、バッティングや守備時の急な動き出しに必要な力をつけることができます。

ベースランニング

ベースランニングは、野球独自の走塁技術を磨くためのトレーニングです。走塁時のスピードと効率を向上させることを目的としており、各ベースを正確なフォームで素早く回ることが大切です。

また、ベースランニングでは、走塁時の効率的な動きやタイミングの把握を学ぶことができます。その結果、走塁速度の向上やベースターンの技術向上、走塁時の判断力と反応速度を強化できます。

アジリティトレーニング

アジリティトレーニングは、野球選手にとって欠かせない敏捷性を鍛えるトレーニングです。このトレーニングを行うことで、身体の素早い動きや方向転換の能力を向上させることができます。

トレーニングには、コーンやミニハードル、ラダーなどの器具を使用するやり方があります。たとえば、ミニハードルを越えるジャンプやサイドステップ、ラダーを使った足の速さと正確性を高める方法です。さまざまなトレーニング方法があるので、自分に合った方法で実践してみましょう。

野球のための走り込みメニューにおける注意点

走り込みトレーニングは、その効果を最大限に引き出すためには適切な方法で行うことが大切です。適切に行われない走り込みは、逆にパフォーマンスの低下や怪我のリスクを高めてしまいます。

そこでここでは、野球のための走り込みメニューにおける注意点について解説します。以下の注意点を理解して、走り込みを行いましょう。

  • 長時間の走り込みはしない
  • 土や芝の上で行う
  • 走り込み前後のストレッチは欠かさない

それぞれ詳しく解説します。

長時間の走り込みはしない

走り込みのトレーニングを行う際に注意するべきことは、長時間の走り込みはできるだけ控えることです。これは、特に瞬発力や速度が重要な野球において、無駄な持久力トレーニングが筋力低下や疲労の蓄積につながるためです。

選手のコンディションや目的に応じて調整しましょう。また、走り込みだけではなく、スクワットなどのトレーニングメニューを取り入れた方が効果的です。これにより、野球特有の動きに必要な筋肉を効率的に鍛えることができます。

土や芝の上で行う

野球選手が走り込みを行う際は、アスファルトなどの硬い地面よりも土や芝でのトレーニングが推奨されます。これは、柔らかい地面が衝撃を吸収し、膝や足首などの関節への負担を軽減するからです。

特に野球は足腰への負担が大きいスポーツであるため、怪我の予防にもつながります。また、土や芝でのトレーニングは、バランス感覚や足の安定性を高める効果も期待できます。

走り込み前後のストレッチは欠かさない

走り込みを含むあらゆるトレーニングの前後に、適切なストレッチングを行うことが重要です。特に走り込み前のストレッチは、筋肉を適切に温め柔軟性を高め、怪我のリスクを減らします。

トレーニング後のストレッチは、筋肉の緊張をほぐして疲労物質を排除してくれるため、疲労回復を促進します。これにより、次のトレーニングへ備えることができるでしょう。

まとめ

野球における走り込みは、選手の体力向上や技術習得に重要なトレーニングですが、適切かつ効果的に行う必要があります。特に、長距離や長時間の走り込みは推奨されていません。選手の体への負担を避けるためにも短距離ダッシュやアジリティトレーニングなど、瞬発力や敏捷性を高めるトレーニングを行いましょう。

また、適切な場所かつ運動前後のストレッチを行うことで、怪我のリスクを減らしてトレーニングを効果的に行えます。この記事で解説したポイントや注意点に気をつけることで、走り込みを通じたパフォーマンスの向上が期待できるでしょう。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめ

野球はランナーがホームに帰還することで得点となります。そのため、ランナーの動きが得点に直結していると言っても過言ではありません。ただ、走塁といってもどのような指導が正しいのかわかっていない指導者も多いです。

そこで、野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめです。走研究所は、日本初の野球選手の走りに特化した専門会社です。走研究所では、個人指導、チーム指導どちらにも対応していて、ここまでの指導実績は90チーム以上、延べ指導数2000人超えです。

走研究所の走り方指導の特徴は以下のとおりです。

  • 野球の走りに特化した指導メニュー
  • 打つ・投げる・守るにも応用できる走りを学べる
  • 受講後も継続してアドバイスを受けられる
  • 「走り」について前向きに考えるきっかけになる
  • 努力の方向性や考え方を学んで今後のスポーツ人生に活かせる

走研究所の走り方指導で、今後の野球のパフォーマンスが上がるだけでなく、今後のスポーツ人生にも大きな恩恵をもたらすでしょう。走研究所の走り方指導が気になるという方は、ぜひ走研究所公式HPをご覧ください。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ご相談・お問い合わせ

ご相談、お問い合わせは下記フォーム、
もしくはLINEにて承っています。
お気軽にご連絡ください。

問い合わせフォームはこちら LINELINE問い合わせはこちら
LINEご相談はLINEから