【野球技術向上!】ヒットエンドランとは?目的や注意点などについて詳しく解説!

野球にはさまざまな戦術がありますが、その中でも「ヒットエンドラン」は非常に魅力的な戦術の1つです。この戦術は、打者と走者が連携して行うもので、成功すれば試合の流れを大きく変えることができます。

そこでこの記事では、ヒットエンドランの基本から目的、実行時の注意点について詳しく解説します。この記事を参考に、ヒットエンドランを自信を持って行えるようになりましょう。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

目次

野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめ

野球はランナーがホームに帰還することで得点となります。そのため、ランナーの動きが得点に直結していると言っても過言ではありません。ただ、走塁といってもどのような指導が正しいのかわかっていない指導者も多いです。

そこで、野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめです。走研究所は、日本初の野球選手の走りに特化した専門会社です。走研究所では、個人指導、チーム指導どちらにも対応していて、ここまでの指導実績は90チーム以上、延べ指導数2000人超えです。

走研究所の走り方指導の特徴は以下のとおりです。

  • 野球の走りに特化した指導メニュー
  • 打つ・投げる・守るにも応用できる走りを学べる
  • 受講後も継続してアドバイスを受けられる
  • 「走り」について前向きに考えるきっかけになる
  • 努力の方向性や考え方を学んで今後のスポーツ人生に活かせる

走研究所の走り方指導で、今後の野球のパフォーマンスが上がるだけでなく、今後のスポーツ人生にも大きな恩恵をもたらすでしょう。走研究所の走り方指導が気になるという方は、ぜひ走研究所公式HPをご覧ください。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

ヒットエンドランとは?

まずは、ヒットエンドランの特徴や、実践する場面について詳しくみていきましょう。

ヒットエンドランとは?

ヒットエンドランとは、走者がピッチャーの投球と同時にスタートを切り、打者はその投球を打つ戦術です。この戦術を成功させることで、走者を次の塁に進めると同時に、打者が出塁する可能性も高まります。

しかし、実行するためには打者と走者の高度な技術が必要であり、失敗するとダブルプレーになるリスクも伴います。このように、ヒットエンドランは試合の流れを大きく変えることができるため、非常に戦略的なプレーといえるでしょう。

ヒットエンドランはどのような場面で行う?

ヒットエンドランは主に以下のような場面で行うことが多いです。

  • 走者の足が遅い
  • 相手捕手が強肩
  • バントが得意でない打者
  • 積極的な打撃ができない打者
  • 試合の流れを変えたい
  • ワンアウト取られており、ツーアウトを避けたい
  • 次の投球でストライクを取りにくいカウント(平行カウントやボール先行)

ただし、走者の足が速くて盗塁の成功率が高い場合は、盗塁を選択することもあります。また、打者がバントが得意でノーアウトの状況では、送りバントの方が適していると考えられます。

ヒットエンドランのサインが出たら

ヒットエンドランのサインが出た場合、選手たちはどのような意図があるのかを理解し、適切に行動することが求められます。ここでは、ヒットエンドランのサインが出たときに考えるべきことと、具体的なアクションについてみていきましょう、

どのような狙いがあるのかを理解する

ヒットエンドランの狙いは、サインが出される状況によって異なります。試合中にサインが出た瞬間「このヒットエンドランの狙いは何だろう」と考えていると、整理できずに成功率が下がってしまいます。

そのため、普段の練習やミーティングで、ヒットエンドランの狙いをしっかりと理解しておくことが重要です。これにより、サインが出たときにスムーズに動けるようになるでしょう。

打者はゴロを打つ必要がある

ヒットエンドランのサインが出たら、打者は確実にゴロを打たなければなりません。ゴロを打つためには、ベースの近くに立ってアウトコースの球にもバットが届くようにし、高めの球を意識して待つのがコツです。

さらに、1塁走者を3塁まで進めるためには、右方向に打つことが重要です。ボールを叩きつけるようにしてゴロにして、1塁と2塁の間を抜くことを目指しましょう。

走者は、盗塁するつもりでスタートをきります。そのため、フライかどうかなど打球の行方には注意が必要です。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

ヒットエンドランのサイン時にゴロを打つために

ここでは、打者と走者それぞれにおけるヒットエンドランのサイン時にゴロを打つためのポイントを詳しくみていきましょう。

  • 打者:走者が進塁しやすい方向を狙う
  • 走者:打球の行方を確認する

それぞれの役割を理解することで、ヒットエンドランの成功率を高めることができます。

打者:走者が進塁しやすい方向を狙う

ヒットエンドランのサインが出た場合、打者は走者が進塁しやすい方向に球を打つことが重要です。たとえば、1塁走者を大きく進塁させたい場合、打者は右方向に打球を飛ばすことが求められます。

具体的には、1・2塁間を狙い、ライト前にゴロを転がすイメージで打ちましょう。これにより、走者が進塁しやすくなり、得点圏に走者を進めることができます。

走者:打球の行方を確認する

走者は、スタート時に2塁ベースに向かって走るだけではなく、打球の行方をしっかりとみながら走ることが重要です。

打者がライト方向にゴロを打つ場合、走者は自分の目で打球を確認できます。しかし、フライが上がった場合は走る体制での打球確認が難しいため、相手守備の動きを見て打球の方向を判断しなければなりません。

また、コーチャーの指示も重要です。コーチャーの声をしっかりと聞くことで、適切な判断ができます。

ヒットエンドランのメリット

ヒットエンドランには、主に以下のような2つのメリットがあります。

  • 走者を進塁させやすくなる
  • 打者がヒットを打つ可能性が上がる

それぞれのメリットについて、詳しくみていきましょう。

走者を進塁させやすくなる

野球の試合の中で、ヒットエンドランを実践する大きなメリットは、走者を進塁させやすくなるという点です。塁上にいる走者は、ピッチャーが投球すると同時に走るため、ゴロでも進塁しやすくなります。

また、打者がゴロさえ打てれば、ダブルプレーやフォースアウトになりにくいのもメリットです。さらに、ヒット性の当たりを打てれば、早くスタートした分先の塁まで走者を進められる可能性も高まります。

打者がヒットを打つ可能性が上がる

もう1つのメリットは、打者がヒットを打つ可能性が上がることです。走者が投球と同時に走るため、セカンドやショートは2塁ベースにカバーに入って盗塁の対策を行います。

その結果、本来の守備位置にスペースが生まれ、ヒットゾーンが広くなります。打球が抜けやすくなり、ヒットを打つ確率が高くなるのです。

ヒットエンドランのデメリット

続いて、ヒットエンドランのデメリットをみていきましょう。

ヒットエンドランのデメリットは以下のとおりです。

  • 盗塁アウトになる可能性がある
  • ダブルプレーになる可能性がある

それぞれについて、詳しく解説していきます。

盗塁アウトになる可能性がある

ヒットエンドランの大きなデメリットは、打者が空振りしてしまうとただの盗塁となり、アウトになる可能性が高まる点です。特に、走者の足が遅い場合、ヒットエンドランを選択するとそのリスクはさらに高くなってしまいます。

さらに、相手がエンドランのサインを察知した場合、打者に打たせないようにウエストボールを投げてくることもあります。このようなケースでは、走者は盗塁を阻止されやすくなってしまうため注意が必要です。

ダブルプレーになる可能性がある

ヒットエンドランのもう1つのデメリットには、ダブルプレーになる可能性が高い点が挙げられます。打者がフライやライナーを打つと走者が元いた塁に戻れず、ダブルプレーになりやすいです。

特に、ツーストライクのカウントでヒットエンドランを実行した場合、打者が三振すると、三振ゲッツーになるリスクもあります。

まとめ

この記事では、ヒットエンドランの目的や実行時の注意点、メリット・デメリットなどについて詳しく解説しました。

ヒットエンドランは、打者と走者が連携して行う戦術です。走者を進塁させやすくするだけではなく、ヒットの可能性も高まるため、成功すれば試合の流れを大きく変えることができます。

しかし、空振りしてしまうと、盗塁でアウトになったりダブルプレーになったりするリスクがあります。そのため、しっかりと事前に練習を重ね、ミーティングなどを行い状況に応じた判断力を養うことが重要です。

この記事で解説した注意点やポイントを押さえて、ヒットエンドランを効果的に活用しましょう。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめ

野球はランナーがホームに帰還することで得点となります。そのため、ランナーの動きが得点に直結していると言っても過言ではありません。ただ、走塁といってもどのような指導が正しいのかわかっていない指導者も多いです。

そこで、野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめです。走研究所は、日本初の野球選手の走りに特化した専門会社です。走研究所では、個人指導、チーム指導どちらにも対応していて、ここまでの指導実績は90チーム以上、延べ指導数2000人超えです。

走研究所の走り方指導の特徴は以下のとおりです。

  • 野球の走りに特化した指導メニュー
  • 打つ・投げる・守るにも応用できる走りを学べる
  • 受講後も継続してアドバイスを受けられる
  • 「走り」について前向きに考えるきっかけになる
  • 努力の方向性や考え方を学んで今後のスポーツ人生に活かせる

走研究所の走り方指導で、今後の野球のパフォーマンスが上がるだけでなく、今後のスポーツ人生にも大きな恩恵をもたらすでしょう。走研究所の走り方指導が気になるという方は、ぜひ走研究所公式HPをご覧ください。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ご相談・お問い合わせ

ご相談、お問い合わせは下記フォーム、
もしくはLINEにて承っています。
お気軽にご連絡ください。

問い合わせフォームはこちら LINELINE問い合わせはこちら
LINEご相談はLINEから