【野球技術向上!】野球のリードの仕方とは?各ランナーごとに詳しく解説

野球のリードは、走塁において非常に重要です。しかし、正しいリードを取らないと牽制で刺されたり、盗塁を失敗したりと、チームに大きな影響を与えかねません。

そこでこの記事では、野球の正しいリードの仕方をランナーの位置ごとに解説します。リードを取る際のポイントを理解して、走塁技術の向上を目指しましょう。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

目次

野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめ

野球はランナーがホームに帰還することで得点となります。そのため、ランナーの動きが得点に直結していると言っても過言ではありません。ただ、走塁といってもどのような指導が正しいのかわかっていない指導者も多いです。

そこで、野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめです。走研究所は、日本初の野球選手の走りに特化した専門会社です。走研究所では、個人指導、チーム指導どちらにも対応していて、ここまでの指導実績は90チーム以上、延べ指導数2000人超えです。

走研究所の走り方指導の特徴は以下のとおりです。

  • 野球の走りに特化した指導メニュー
  • 打つ・投げる・守るにも応用できる走りを学べる
  • 受講後も継続してアドバイスを受けられる
  • 「走り」について前向きに考えるきっかけになる
  • 努力の方向性や考え方を学んで今後のスポーツ人生に活かせる

走研究所の走り方指導で、今後の野球のパフォーマンスが上がるだけでなく、今後のスポーツ人生にも大きな恩恵をもたらすでしょう。走研究所の走り方指導が気になるという方は、ぜひ走研究所公式HPをご覧ください。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

野球におけるリード

まずは、野球におけるリードとはどのようなものかを理解することが重要です。ここでは、野球におけるリードとその目的について詳しく解説します。

リードとは?

野球の試合において、ベースを踏んでいる間は安全ですが、塁から足を離している際にボールを持った相手にタッチされたらアウトになります。

しかし、ピッチャーの牽制球が塁に届くまでには時間がかかります。そこで、牽制された際にベースにギリギリ戻れるくらいの距離を保つことを「リード」または「リードする」といいます。

リードを取る距離が大きければ大きいほど次の塁までの距離が短くなるため、盗塁の成功率が上がります。しかし、当然牽制でアウトになる確率も上がるため、正しいリードを取ることが必要です。

リードをとる目的

リードを取ることで進塁や盗塁がしやすくなります。しかし、リードには以下のようなさまざまな目的があります。

  • 盗塁の成功率を高める
  • 進塁しやすい
  • ピッチャーの投球リズムを乱す
  • エラーを誘発する
  • バッターの集中力を乱す

ランナーが塁上にいない場合、ピッチャーは自分のペースでバッターに投球できます。しかし、ランナーがいると盗塁を防ぐために牽制を行う必要があり、ピッチングのリズムが狂いやすくなることも多いです。

さらに、ヒットエンドランに備えてバッターや相手側のベンチの様子を伺うなど、ピッチャーはバッターに集中することが難しくなります。

このように、リードは相手を揺さぶり、ゲームの流れを有利にするための重要な戦略といえるでしょう。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

野球のリードの仕方

ここでは、各塁におけるリードの取り方を詳しく解説します。各類のポイントを押さえて、実践で活かせるリード技術を身につけましょう。

1塁ランナーの場合

1塁ランナーにとって、リードを取ることは次の塁を狙うための大切な戦略です。適切にリードを取ることで、盗塁の成功率を高めたり、ピッチャーにプレッシャーをかけたりすることができます。

ここでは、1塁ランナーが取るべきリードの距離や立ち位置、姿勢についてみていきましょう。

リードの距離

リードの距離の基本は、自分の身長と手を伸ばした長さプラス1歩です。これは、牽制球が来た際に1歩踏み出してヘッドスライディングすると丁度ベースに戻れる距離にあたります。

帰塁に自信がある場合や投手の牽制が上手くない場合は、さらに1歩多くリードをとっても良いでしょう。安全にリードを取りたい場合や、投手の牽制が上手い場合は無理をせず手を伸ばした長さやプラス1歩分でとどめてもかまいません。

自分にとっての最適なリードの距離を見つけることが大切です。

リード時の立ち位置

リードを取る時は、いつでも1塁ベースに戻れるように足をクロスさせながら広げることが大切です。

クロスする際は必ず右足が前、左足が後ろになるよう注意します。左足が前に来るクロスステップは、下半身が2塁に向いてしまうためスムーズに戻れません。

リードは、1塁ベースと2塁ベースを結ぶ直線上に取ることが大切です。

リード時の姿勢

リード時の姿勢は、進塁時のスタートをスムーズにするために非常に重要です。目標のリードの距離に到達したら、しっかりと構えます。

構えの重心の掛け方は両足均等が基本です。盗塁を得意とする選手の中にはやや右足寄りに重心をかける方もいます。足の幅は肩幅よりやや広めに開き、足の置き方は平行もしくは右足を2塁方向にやや開くようにしましょう。

2塁ランナーの場合

2塁は他の塁とは異なり、野手が常にベースについているわけではありません。そのため、2塁ランナーは野手の動きに惑わされず、適切なリードを取ることが求められます。

ここでは、2塁ランナーのリードの特徴やリードの距離、立ち位置について詳しくみていきましょう。

2塁ランナーのリードの特徴

ランナー2塁の場合は、セカンドやショートは牽制のタイミングでベースに入ってきます。しかし、セカンドやショートがベースに近づいたからといってリードを縮めないことが大切です。逆に、セカンドやショートが2塁ベースから離れたからといってリードを大きくしてはいけません。

このような動きはフェイントの場合が多く、逆を突かれて牽制でアウトになりやすいです。基本的には、ピッチャーの動きを見て牽制の有無を判断することが大切です。

2塁牽制の場合は、ピッチャーは体を半回転させる必要があるため、時間的にも余裕があります。

リードの距離

2塁ランナーのリードの距離は、1塁ランナー時よりも少し広めに取るのが基本です。1歩多めにリードを取り、第1リードと第2リードを合わせて全体的に大きくリードする意識をしましょう。第2リードについては、後ほど詳しく解説します。

また、野手の動きに惑わされずにピッチャーの動きをしっかりと確認することが重要です。2塁ランナーが牽制でアウトになる主なパターンは、セカンドがベースから離れた瞬間にショートがベースに入るときです。

セカンドの動きが視界に入り、牽制がないと判断したところでショートがベースに入ると、見えない背後から牽制を受けることになります。ショートの動きは、ランナーコーチの情報を読み取ることが求められます。

リード時の立ち位置

アウトカウントによって、リードの距離を調整することが大切です。ノーアウト時は送りバントの可能性を考え、できるだけ早く3塁に到達できるように3類ベースとの対角線上でリードを取ります。

1アウトの時は、内野ゴロやシングルヒットでの進塁を考慮して、一歩レフト側にリードを取ることが大切です。

2アウトの時は、シングルヒットで本塁にスムーズに進められるように、さらに一歩レフト側の位置でリードを取りましょう。

3塁ランナーの場合

3塁ランナーのリードは、1塁ランナーと同じくらいの距離で十分ですが、いくつか注意するべき点があります。ここでは、3塁ランナーのリード時の立ち位置や帰塁時の注意点についてみていきましょう。

リード時の立ち位置

3塁ランナーは、バッターに近い位置にいるため、右バッターからの打球が飛んでくる可能性があります。フェアグラウンドでこの打球に当たると、3塁ランナーはアウトになってしまいます。

そのため、3塁線から約1メートル下がったファウルグラウンドでリードを取りましょう。

ファウルグラウンドで打球が当たった場合はボールデッドとなり、アウトにはなりません。

帰塁時の注意点

3塁ランナーがリードから帰塁する際は、スクイズに注意が必要です。相手のバッテリーも警戒しているため、何度も牽制することが考えられます。

特に、右投手の場合には、逆を突かれないように注意が必要です。

第2リードとは

ここでは、先述のリードの距離で触れた第2リードについてみていきましょう。

第2リードとは、ピッチャーが投球動作を開始してから取るリードのことです。シャッフル(足を交差させず両足で軽く跳ねながら横に進む)しながら行うことが大切になります。1塁ランナーの場合は、第1リードをとった後に投手が投球動作を開始したらシャッフルをして第2リードを取ります。

第2リードの距離には個人差がありますが、シャッフルを2回行うのが一般的です。2塁ランナーも1塁ランナー同様に、第1リードを取った後投手が投球動作に入ったら、シャッフルで第2リードを取ります。

3塁ランナーの第2リードは、シャッフルとダッシュの2種類があります。シャッフルは2回程度で、ファールグラウンドからやや内側に入るように行いましょう。

ダッシュは、投手が投球動作を開始したら3歩程度進み、低い姿勢で本塁方向に体を向けます。上体の突っ込みは避け、帰塁できるようにしておくことが必要です。

ダッシュは、素早く本塁に突入するために有効です。常にダッシュで第2リードを行うことで、スクイズのスタートが見分けにくくなり、相手がスクイズの察知を遅らせる効果もあります。

まとめ

野球のリードの仕方は、ランナーの位置ごとに異なります。適切なリードを取ることで、盗塁や進塁の成功率を高め、チームの得点チャンスを広げることが可能です。

この記事で解説したポイントを理解して、走塁技術を向上させましょう。試合での実戦経験を積み重ね、自分に最適なリードの距離とタイミングを見つけてください。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめ

野球はランナーがホームに帰還することで得点となります。そのため、ランナーの動きが得点に直結していると言っても過言ではありません。ただ、走塁といってもどのような指導が正しいのかわかっていない指導者も多いです。

そこで、野球の走りを改善するなら走研究所がおすすめです。走研究所は、日本初の野球選手の走りに特化した専門会社です。走研究所では、個人指導、チーム指導どちらにも対応していて、ここまでの指導実績は90チーム以上、延べ指導数2000人超えです。

走研究所の走り方指導の特徴は以下のとおりです。

  • 野球の走りに特化した指導メニュー
  • 打つ・投げる・守るにも応用できる走りを学べる
  • 受講後も継続してアドバイスを受けられる
  • 「走り」について前向きに考えるきっかけになる
  • 努力の方向性や考え方を学んで今後のスポーツ人生に活かせる

走研究所の走り方指導で、今後の野球のパフォーマンスが上がるだけでなく、今後のスポーツ人生にも大きな恩恵をもたらすでしょう。走研究所の走り方指導が気になるという方は、ぜひ走研究所公式HPをご覧ください。

野球の走り方について詳しく知りたいという方は走研究所公式LINEを登録してみてください。今なら、初心者がまず始めたい走りのトレーニング方法を無料配信しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ご相談・お問い合わせ

ご相談、お問い合わせは下記フォーム、
もしくはLINEにて承っています。
お気軽にご連絡ください。

問い合わせフォームはこちら LINELINE問い合わせはこちら
LINEご相談はLINEから